本文へスキップ

電話でのお問い合わせは0172-88-7705

〒036-8164 青森県弘前市泉野3丁目11-11



わんわん相談室detail





STAFF紹介 ドッグトレーナー:タナカ アカリ
「こんなはずじゃなかった」
愛犬のしつけ相談にいらっしゃる飼い主さんたちは、どなたも犬との暮らしに「憧れ」を持って家庭へ迎え入れた方々ばかりです。望んでいた暮らしと現実とが、こんなにも違うものなのかと、困り果てて相談にいらっしゃいます。本当は困った行動が出始める前、仔犬のうちに、または家庭に迎え入れる前に相談にいらしていただけると、役立つ情報提供がたくさんできるのですが、まだまだそのような方は少数です。そんな中、愛犬との暮らしの中でなにか困ったことがあれば、本やネットの情報から独学で学ぶという方がほとんどです。ですがその本やネットで簡単に手に入る情報は、本当に「うちの子」にあったものとは限りません。特にしつけに関わる接し方には、昔は「良し」とされていたことが、今では「効果がない、弊害がある」とされているものも数多くあります。私が約10年、青森市にあるドッグガーデン青森でドッグトレーナーとして勤めてから、フリーランスのドッグトレーナーとして独立して活動し始めたのは2年前です。県内でも家庭犬のしつけ相談に対応できる場所や専門家は少なく、活動を青森市から他の地域へ広げていったときに、改めて情報発信の必要性や、身近に犬との暮らしを相談できる場所があることの必要性を感じています。犬は私たち人間とは違う生き物。大切な家族であっても種が違います。その種の違う犬たちを、まずは私たち飼い主が学び理解し、上手なお世話と関わりと、安心して過ごせる環境を提供してあげることで、犬との理想の暮らしを得ることができるのです。また犬育ては子育てと同じように、家庭だけ行うものでなく地域で行っていくことが理想と考えます。犬は社会的な関わりを必要とする動物ですから、人と人との繋がりの中で、社会の中でうまくやっていくことができる動物です。地域社会に受け入れてもらいやすくするためにも、「しつけ」が必要なのです。「しつけ」と聞くと少し厳しく感じてしまうかもしれませんが、犬たちにルールを伝えていくことはお互いのHappyな暮らしにつながります。そして、そのしつけの方法も昔ながらの厳しい関わりや、カで教える必要はなく、犬も楽しみながらルールを伝えていく方法が、今の家庭犬のしつけトレーニングのスタンダードとなっています。犬と暮らしたいと思った時、犬を家族として迎え入れた時、犬との暮らしに困りごとが生まれてしまった時、少しのサポートがほしい時、なにかあった時のための備えとして、身近に気軽に相談できる繋がりがあること。私が目指す、安心して犬と暮らせる理想の社会です。愛犬とのより良い暮らしのために、もっと楽しく日々を過ごしてもらうために、もちろん気になることがあれば、お気軽にご相談ください。犬を介して人と人とが繋がることで、犬との安心できる豊かな暮らしに近づくことができるのではないかと思います。

しつけ・・・「FULFILL」タナカアカリ